プロフィール

宮田眞美

薬剤師
鍼灸師
按摩マッサージ指圧師
米国RolfInstitute公認ロルファー

sya

受講したワークショップ・研修会
中国淅江省嘉興市医学院鍼灸研修

伴東洋治療院・伴漢方薬舗「体質別医学会」
大阪医科大学麻酔科ペインクリニック実習生
長野式研究会基礎講座・実技講座・臨床応用講座
クレニオセイクラムワーク Jim D.Asher
ロルフィングトレーニング
Unit1 Marius Strydom
Unit2 Jim D.Asher, Leal Katharine Keen
Unit3 Pedro Prado, Monica Caspari

血管腫という良性の腫瘍をもって大阪に生まれる。苦労をして本人を含む四人の子供を育てた母親の勧めで、経済的に自立できるようにと、薬科大学に進み薬剤師になる。
薬剤師として病院や調剤薬局に勤務するが、血管腫が増殖し、左右の下顎骨が不対照になり、噛み合わせに支障をきたしたことから、血管腫除去手術を受ける。その後、皮膚移植を含め、数々の全身麻酔、局所麻酔手術を受ける。痛みに苦しみ、ケアされる立場を経験して、誰かをケアできる立場になりたいと思い、興味のあった東洋医学の世界に飛び込み、鍼灸師になる。
鍼灸師として、大阪医科大学の麻酔科ペインクリニックで1年10ケ月間実習生を経験し、様々な痛みに苦しむ患者さんを治療担当する。
経験は浅くても一生懸命に治療すると喜んでくださる患者さんに出会ったことから、誰かの身体や健康の悩みに、ほんの少しでも耳を傾け、助けとなれることが生きる喜びとなる。
脈診の大家、伴吉信先生に師事して弟子入りし、体質別医学会、鍼灸治療、整体の講習会などに通い続ける日々を送る。
鍼灸学校卒業後から肩こりや背中の痛みが酷く、仕事と勉強の両立に苦心していたとき、整体の勉強会で友人からロルフィングの話を聞き、自分の身体のメンテナンスとして興味をもつ。

「ロルフィングってね、悪い状態に戻らないんだって。」
「えっ?なにそれ?そんな手技があるの?」

 ロルフィングは身体の構造を変えるボディーワーク(ストラクチュアル・インテグレーション)だが、あくまでも治療ではなく、「身体への再教育」であり、自身の身体への気づき、使い方が身体を自然と癒していくことを学ぶ。東洋医学で捉えていた身体に関するある事実を、ロルフィングでは別の観点から観ていて、両者が共通することに興味を覚える。さらに身体への深い洞察と創造の可能性に魅せられる。

2009年京都トレーニングのユニット3終了後、ロルファーになる。

「鍼灸もやりがいのある仕事ですが、ロルフィングは、特にクライアントさんと常に向かい合い、試行錯誤し、達成感を一緒にわかちあえる、格別なボディーワークです。私はもともと不器用な人間なので、いろんなことに手を出し、自分でアップアップ状態になることもありますが、不遇だと思っていた人生の後半において、生きがいと思う仕事に没頭できる今を、大変幸せだと思って日々健闘しています。」

 美容鍼灸にたずさわることについて

「私は、精神的な悩みは、肉体的な問題以上に身体に影響する可能性があると思っています。精神的な問題にアプローチする訓練も受けてなく、資格ももっていませんが、肉体的な問題にアプローチすることによって、精神的にも良い影響を及ぼす可能性があることを信じています。

数回の手術により、私の顔には一生消えない傷がのこりましたが、左右の不対照さが緩和されたことで、顔に対する執着は大分薄れ(あきらめ?笑!)人生に積極的に向かうことができるようになりました。私のケースは少しまれですが、女性として生きてきて、世の中の女性たちの少しでも若々しく、化粧のりのよい美しい肌でいたい、という気持ちを応援したい気持ちで美容鍼灸に没頭してきました。

顔の引き上げにはどういう施術がいいか、しわにたいする鍼、むくみ等など‥‥

美容整形のような極端な成果は無理でも、内臓の反応を治療し、免疫、血液の循環、ホルモンの分泌などの治療をしてから、顔面の施術をすると、そのひとなりの自然で若々しい美しさを見出す可能性が、特に中年以降の女性に多いに期待できると思います。(若い女性は、若さだけで十分美しいですから!)

女性の社会進出が促進され、年齢を問わず社会で活躍する女性にとって、いつまでも若々しく生涯現役の女性でいたい希望を目標とし、同じ立場で一緒に挑戦していきたいと思います。」

syasin syasinn